30代で薄毛男性の割合ってどれくらいなの?

30代で薄毛の男性の割合はどうなっているのでしょうか?薄毛になってしまっている方は、なんで自分だけ・・と思いがちでしょう。

 

ですが、薄毛の割合は4200万人とも言われています。日本の人口が6200万人いる中で半数以上が薄毛に該当すると言われています。

 

この数字を見るに、薄毛である事は珍しくない事が言えます。

 

ですが、その背景には、ストレスや食生活、生活習慣の悪化、そして遺伝性のAGAが重なってその薄毛の人数になっています。

 

その中で、薄毛に心あたりがある方、親が薄毛の方、今薄毛になっている方も含めてどうすれば薄毛を改善できるのかをまとめてみました。

 

30代 薄毛 割合

 

薄毛データ参照元:https://www.reve21.co.jp/files/2013/10/73d1dbbbd47e1ae3b9fdadc31b4b71c4.pdf

 

薄毛の割合(日本)はアジアの中ではどのくらいの位置にいるのか?

ハゲ・薄毛世界一はチェコ。髪フサフサNo.1は"頭皮先進国"インド。アジアでは日本

上記のトリップアドバイザーによると​

 

世界21か国の内、日本は14位にいる事がわかります。

 

※調査機関は1998~2008年までという事なので、もしかしたら今現在はもっと上位にいるかもしれません。

 

順位を見ると、日本人のハゲの割合は、アジアの中では完全に上位国となっています。これは、生活習慣の乱れやストレスなどが他国よりも日本の方が高い事をしてしているようです。

 

なぜ日本は薄毛やハゲの人口が多いのか?

日本人の薄毛やハゲの割合が高いのはなぜでしょうか?ストレス?仕事?食生活?などいろんな原因が有るとおもいますが、そのあたりを深く調べてみました。

 

 

 

食生活の乱れが薄毛割合を増やす?

日本の社会は超多忙社会と言われて久しいですが、仕事に多くの時間を割いていると言われます。自身のプライベートの時間を多く確保できにくいといえるでしょう。

 

逆に言えば、プライベートの時間を仕事の時間に回す事も多く、そのしわ寄せが、簡易な食事による健康被害とも言えます。

 

インスタント食品、炭水化物ベースの食事、脂質の高いファーストフード等・・

 

血液を汚して、血流を妨げる、血糖値の上昇に血管へのダメージや、糖質から脂質への変換、そもそも脂質の多い食品などは、元から身体への負荷を上げてしまいがちです。

 

生活習慣の乱れは薄毛につながりやすい?

 

テレビや、ゲーム、スマートフォンでのSNSでの人とのやり取りなどが最近何かと話題になったりしますね。

 

そのもの自体は何も悪くはないのですが、それらを見る時間が深夜になってしまったり、就寝時間を超えて画面を見る事で、交感神経と、副交感神経の切り替えが上手くいかない、睡眠時間がおかしい、寝れない、いつも眠いなど・・・

 

これらは、すぐに何かを引き起こすという事ではありませんが、続けていることで、身体が不調を訴えてきます。

 

そしてその不調は、髪のヘアサイクルという髪が生えて、髪が成長して、髪の成長が終わり、髪が抜けるというサイクルの間隔を壊してしまいます。

 

そこに、前に記述している食生活などが加わり悪循環となり、薄毛、ハゲに悩む方が増えて生きているのです。

 

育毛環境のを改善する為には?

育毛環境を改善するためには、幾つか種類があります。

 

その種類を紹介します。

 

夜10時のゴールデンタイムを活用することで髪は成長する!

夜の10時には就寝する事をおすすめします。

 

これには、髪が最も成長する時間帯というのがあります。

 

その時間が夜の10時から深夜2時までを指します。

 

その時間に眠りについておくことでより髪の成長を促せるというわけです。

 

 

緑黄色野菜や魚、大豆などを積極に食べて、脂っこい食べ物は控えましょう!

緑黄色野菜や魚、大豆を取ることで、髪の成長に必要なビタミンやミネラルを摂ることができます。

 

また、緑黄色野菜を積極的に摂るという事は、血液の中を綺麗にする効果もあります。

 

それは、血液の流れを良くする事にもつながります。

 

次に、脂っこい食べ物を控える事については、脂質を取りすぎると、血液の中がコレステロール等により血管の中が狭くなりやすくなる事と、血液そのものがドロドロになる事で血液の流れが悪くなります。

 

これは、当然髪の成長にもよくありません。

 

また、脂っこい食べ物を取りすぎると毛穴に脂質性の汚れが溜まって髪が成長するのをその油が物理的に押さえ込んでしまって髪の成長が阻害されてしまいます。

 

この事からも脂っこい食べ物を取りすぎないように注意しましょう。

 

頭皮の環境を整えるのにはシャンプーも効果的です!

毛穴の油汚れは無い方が良いのですが、頭を洗いすぎて、頭皮全体の油分を取りすぎることは更に逆効果になる場合があります。

 

その理由は、頭皮の油を取りすぎると、今度は逆にその油が足りなさ過ぎるという事で余計に分泌されてさらに悪化するのです。

 

頭皮の薄い油の膜は、汚れから守るというのと頭皮の水分を失わないようにする効果もあるからです。

 

なので、頭皮の油分のバランスは取りつつ、毛穴の汚れを適切の洗えるシャンプーを使うのはとても効果的です。

この2つの組み合わせがつむじの薄毛に特に効果的!

シャンプーなのに育毛を助ける!

国内最強の育毛剤

 

頭皮の血流不足という原因を解決するためにはどうすればよいのか?

おおざっぱな言い方をすれば、血流をよくする事をすればよいのです。

 

そしてその血流を良くする事を紹介します。

 

血流を良くして頭皮を柔らかくするマッサージを行う!

頭皮をマッサージをする事というのは、マッサージそのものが薄毛になるわけではなく、マッサージをすることで、頭皮の血管を拡張させ、血液の流れを良くする事で毛根の毛母細胞に栄養を送る量が増えることで髪の成長を促すという事につながります。

 

血流を良くする事をさらに促進させるために、育毛剤を使用する事も効果的です。

頭皮の環境を整え頭皮の血流を促進して髪が成長するのを助けてくれる育毛剤がこちらです。

 

食事や、マッサージでは、絶対届かない効果というのは育毛製品にはあります。

 

また、ただたんに血流を促進するだけではなく、抜け毛に効かせる成分なども育毛製品にはあります。

 

 

 

AGAを改善するためには、ジヒドロテストステロンを作らせないことが大事!

AGAは薄毛のとても大きな原因の1つですが、すでにその、仕組みはわかっています。

 

テストステロンという大事なホルモンと、5αリダクターゼが結合してできあがるジヒドロテストステロン

 

このジヒドロテストステロンを作らせないようにしてくれる医薬品の育毛剤があります。

 

この2つの組み合わせがつむじの薄毛に特に効果的!

シャンプーなのに育毛を助ける!

国内最強の育毛剤!

30代のてっぺんハゲつむじハゲ)頭頂部薄毛にかんするまとめ

 

このてっぺんハゲつむじハゲ)頭頂部の薄毛に関してもやはり、当サイトでいつも伝えている

抜け毛になる原因

 

髪を成長させる

 

この2つの要因に細かく対処していくだけで症状の進行は抑えることは可能です。

 

まずはこの2つの要因をしっかり意識して、このページで書いている様に対処していただければ、てっぺんハゲつむじハゲ)頭頂部の薄毛の悩みも軽減または効果がでますのでまずは取り組んでみましょう。

 

薄毛を隠しながらで改善していくならこの2つが効果的

シャンプーなのに育毛を助ける!

国内最強の育毛剤!

 

 

最新情報

髪を太く成長!
髪の抜け毛を抑えてくれる!
ガチで効きます
 薄毛 育毛剤
ハリとコシ改善!
頭皮環境を改善する!

ツイッター