30代後半の男性、2ヶ月で仕事のストレスがたまりすぎて髪の毛も細くなって抜けてきているオススメの育毛方法はありますか?

お仕事の兼ね合いでストレスが溜まって薄毛に悩んでいる方からの質問に対して、書いていきたいと思います。

 

また、現状をピックアップして、それを分析する事で、主な原因が何処にあるのか?そしてその対策方法は何なのか?をまとめてみました。

 

シャンプーなのに育毛を助ける!

国内最強の育毛剤

 

30代後半の男性、2ヶ月で仕事のストレスがたまりすぎて髪の毛も細くなって抜けてきているオススメの育毛方法はありますか?という質問がありますが質問の内容から、いくつかピックアップしてみます。

 

質問者の環境や状況分析

質問者:30代後半の男性 35歳以上あたりと推測。

 

2ヶ月仕事のストレスが溜まっている。

 

ストレスによって髪の毛が細くなって抜けてきている。

 

育毛のやり方、育毛方法の事が知りたい。

 

という風に分析が出来ます。文章に無い所などは、ひとまずは記載しないで文章にあるワードを元に分析をしてみました。

 

質問者さんはストレスという事を強調されてあるようですね。

 

ですが、いくつか気になる点もありますので、そこをまとめてみます。

 

2ヶ月で髪の毛が細くなる事は考えにくい

2ヶ月で髪が細くなるというのは通常では考えにくいと推測されます。

 

例えばですが、抜け落ちた髪の毛を2ヶ月保存しておいても、細くはなりません。

 

質問者さんが言うストレスで2ヶ月で髪が細くなるというのは、思い込みである可能性があります。

 

ストレスという言葉を使用されてありますが、現状すでに髪が細くなったと感じるという事は、そもそも数ヶ月前から、ヘアサイクルに異常があったと推測されます。

 

 

髪が生え変わる成長/退行/休止(ヘアサイクル)と薄毛の関係について

 

 

ヘアサイクルの異常から推測する大きな原因

  • AGAを発症してしまっていて、気づかない内に症状が悪化進行してしまい、気づいた時には細い髪が占める割合が増えてしまっていた。
  • 頭皮の環境が悪く、皮脂汚れが毛穴につまり成長しようとする髪の毛を圧迫して細い髪になっている。
  • 食生活が乱れて、髪の栄養や、血流が悪くなって、髪の成長を阻害してしまう事になっている。
  • 睡眠習慣が崩れてしまって、本来の髪の成長を促すことができていない可能性。

等の原因が上げられます。

 

またどれか1つが原因という事ではなく、どれか複合的な原因や、下手すると全てが原因の可能性があります。

 

髪が細くなった原因の一つ一つを詳しく解説

上記の推測される大きな原因は、代表的かつ簡易的な言葉で表現していますので、それぞれをもう少しだけ詳しく書いてみます。

 

AGAを発症してしまっていて、気づかない内に症状が悪化進行してしまい、気づいた時には細い髪が占める割合が増えてしまっていた。

AGAを発症していて症状が進行していたと考えると、ある程度説明が付きます。

 

この事原因について言うと、おそらくですが、髪が細くなるまでに、抜け毛もあったのではないかと考えられます。

 

髪が成長して髪の毛の途中から細くなって実感できるくらい細くなるというのは考えにくいということと、途中から細くなるという事であれば、細くなると実感する前に髪の毛が抜けてしまっていたはずだと考えられます。

 

そう考えると、ヘアサイクルの過程で太い髪が抜けて次に生えてきた髪の毛が細い髪の毛の割合が多くなってきたのではないかと考えられます。

 

ヘアサイクルから考えると、仕事のストレスを感じている2ヶ月間よりずっと前から症状が進んでいた可能性があります。

 

仮にAGAだと過程しますが、その場合は、まず、AGAそのものの進行を遅らせる・止める事が1番大事です。

 

AGAを発症すると、髪の毛の成長を抑制する働きと、髪の毛が抜け落ちる方に症状が進みます。

 

まだ、細くなったと感じるという事は、AGAを治療する事で改善出来る余地が多くあると考えられます。

 

AGAのメカニズムや対策などはこちらに書いていますので参照ください。

 

AGAに効く医薬品だけの成分が入った育毛剤とおすすめシャンプーで改善に効果的です

シャンプーなのに育毛を助ける!

国内最強の育毛剤

 

 

薄毛の大きな原因になるAGA(男性型脱毛症)の正体を知ろう

次の原因の解説をします。

 

 

頭皮の環境が悪く、皮脂汚れが毛穴につまり成長しようとする髪の毛を圧迫して細い髪になっている。

この場合は、まだ症状としては軽いとも言えるかもしれません。

 

こちらも、ヘアサイクルに関しては一つ目のAGAの原因例と同じで、2ヶ月間で細くなったという事は考えにくいですが、数ヶ月、数年かけて、細い髪に入れ替わったと考える方が自然です。

 

AGA以外の髪の成長を促進させる事をすれば改善できる可能性は高いかと思われます。

 

では、頭皮の環境の悪さ、皮脂汚れなど毛穴の汚れからくる髪成長を阻害する要因を取り除く方法を紹介します。

 

頭皮に潤いがあり、保湿する為の薄い皮脂膜があり、頭皮が柔らかく、血流を阻害しない状況が望ましいです。
下記にその方法を記載しているのでお読みください。

30代の男性の頭皮のケアってどうすればいいの?

次の原因の解説をします。

食生活が乱れて、髪の栄養や、血流が悪くなって、髪の成長を阻害してしまう事になっている。

食生活が乱れるというのはどういう事をさすのでしょうか?

 

何を食べたら良いのか?何を食べては行けないのか?もうすこし具体的に書いてみます。

 

前の原因で、頭皮の環境の事を説明しました。

 

そこで、毛穴の汚れの1つの皮脂汚れは、無い方が良い。

 

という感じの説明をしました。

 

では毛穴の汚れは、食べ物で改善するのでしょうか?

 

これは改善というよりは、悪化しないようにする。

 

という理解の方が良いと思います。

 

人の身体は食べたものの栄養から作られています。

 

油っぽいものをメインに食べる人

 

野菜をメインに食べる人

 

この2人の体つきは同じになるでしょうか?

 

遺伝や、体質などが違ったとしても、油っぽいものを食べる人は脂っぽい肌質になりやすいです。

 

野菜をメインに食べる人は脂っぽい肌質にはなりにくいです。

 

であれば、食事が頭皮の毛穴のヨゴレにも関係してくるのはわかると思います。

 

こういった食事に関する事をこちらでまとめていますので御覧ください。

 

食生活で血流を改善し、抜け毛を減らし髪が薄くなるのを防ぐ方法!

 

最後の原因についての解説

 

睡眠習慣が崩れてしまって、本来の髪の成長を促すことができていない可能性。

睡眠習慣がきちんとなされていない場合は髪にとって成長するタイミングを逃している可能性があります。

 

どういうことかというと、髪が成長する時というのは、深い睡眠時で副交感神経が働いている時間ですが、就寝する時間というのも関係してきます。

 

例えば夜の10時~深夜2時の間が1番毛母細胞が活発に髪を成長させる時間帯なのです。

 

正しい睡眠が髪の成長を助けてくれる!夜10時から深夜2時を最大限利用しよう!

 

 

30代後半の男性、2ヶ月で仕事のストレスがたまりすぎて髪の毛も細くなって抜けてきているオススメの育毛方法まとめ

ストレスが無いとは言えませんが、ストレスだけの問題ではない。

 

そのため、ストレス以外の問題がある可能性を理解して、できることならその原因を解決出来る行動を取っていただければ、細い髪も、新たな髪が生えてくる時に太く成長できる事になるとおもいます。

 

そしてその状況が続けばまた太い髪が増えてくる事につながると考えられます。

 

以上、いかがでしたでしょうか?

 

人が生きていく上で、息を吸い、食べ物を食べて、身体を動かし、睡眠をとる。

 

この過程をどうするのかで、人の身体が、自分以外の人との違いがでてきます。

 

髪も同じです。

 

小さな事の連続かもしれませんが、積み上げていくのと、見なかったことにして進むのでは5年後10年後で変わってきます。

 

あまり意識しすぎてそれがストレスになるようであれば、意識するのを減らしても良いと思います。

 

ですが基本はそうであるという事を理解しておいて損はないと思います。

 

そして、生活習慣だけではなく、きちんと薄毛(AGA)に効く成分を使用すれば、かなり改善が期待できます。

 

この2つの組み合わせがつむじの薄毛に特に効果的!

シャンプーなのに育毛を助ける!

国内最強の育毛剤!

 

 

 

 

 

最新情報

髪を太く成長!
髪の抜け毛を抑えてくれる!
ガチで効きます
 薄毛 育毛剤
ハリとコシ改善!
頭皮環境を改善する!