こめかみが薄くなる女性の原因について対策方法をまとめてみました。

女性の薄毛は、男性にくらべ、即ビジュアルに影響がでますので、深刻です。

いつもは、髪をたらして見えていなくとも、こめかみ部分の薄毛に悩んでいらっしゃる方は、どうでしょうか。

 

なぜ、こめかみは薄くなるのか、その原因と対処方法のご紹介です。

 

こめかみってどこ?

こめかみとはいったいどこを指すのでしょうか? それは、耳の上からひたいまでの部分をこめかみと呼びます。

 

ちょっと頭痛を感じるような時、思わず、両指で頭をはさむようなかっこをすることがありますが、その時、指に触れているところがこめかみです。

そもそも、普段じっくり見ることもありませんし、前髪といっしょだと思っていたり、この場所は、元々薄い場所なんだと思っていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

髪を染めるとき、なかなか色がつかない場所でもあり、小さくて見立たないと思っていると、その部分に白髪が残っていると、顔が老けてみえたり、小さい場所なのですが、主張が強い部分でもありますね。

 

そんな場所が薄かったら、お顔のイメージにも影響があるのではないでしょうか。

 

もし髪を普通に垂らしていたら、一度髪をかきあげて、良く見つめてみてください。

 

こめかみが薄くなる原因

こめかみは顔の生え際ですので、普段のヘアスタイルから影響を受けやすい場所です。

 

いつも、キュっと引き上げているようなヘアスタイルにしていると、こめかみの毛根はダメージを受けます。

いつも同じ所が引っ張られて血行が悪くなり、頭皮も固くなってしまうのです。

 

前髪をおろして、サイドから髪を持ち上げて結い上げているようなヘアスタイルは、長期間、長時間続けないことをお勧めします。

噛み合わせと薄毛

次にこめかみに軽く指を当てて、奥歯を噛み締めてください。

 

こめかみの動きを感じていますね。このように、こめかみと奥歯は離れているにもかかわらず、繫がってもいるのです。

 

実はこめかみの語源は「米噛み」からきているとも言われており、米を噛むと動くことから 「こめかみ」と呼ばれているのだそうです。
また、固いままの生米を食べていたため、よく噛まなければならず、その部分がよく動くからだとも言われていあmす。

 

奥歯のかみ合わせが悪いことで、こめかみに負担がかかり、その結果、頭皮の血行が悪くなって薄毛になる危険があると言われています。

 

入れ歯のかみ合わせが悪くなっていたご老人が、新しく入れ歯を作り直したら、昔のように髪が生えてきた、という話も事実としてあるのです。

普段、意識していなくとも、歯に力を入れたり、奥歯を噛み締めたりすることはよくあります。

その時、噛み合わせが悪かったら、圧力のかかりが不安定になり、長年の歪みが積み重なって、緊張の度合いも大きくなります。

 

知らずにおこなっていることですが、知らず知らず、こめかみ部分や、あるいは、頭皮全体に緊張を強いてるのです。

緊張した頭皮は血行が悪くなり、固くもなります。すると、毛根が弱ってきて、ついには毛が抜けてしまうのです。

こめかみどころか、頭全体に悪影響を及ぼしていることもあります。

 

眼精疲労とこめかみとの関係

歯の噛み合わせのほかにも、目の疲労や肩こりが原因となって、血行不良の結果、薄毛になることがあります。

 

メガネが合っていない、メガネをかけずに我慢していると、肩コリも起こりますが、こめかみ部分の緊張から頭皮も固くなってしまい。薄毛に発展することがあります。

 

現代生活は、パソコンやスマホなしでは仕事もプライベートも成立しなくなっています。こうした電子機器の発達により、ドライアイ、近視、乱視が増えています。肩こりも増えています。

パソコン・スマホの画面の見過ぎで極度に目を酷使してしまっている人は、こめかみの薄毛に注意しましょう。

 

現代人として、避けられない環境下にいる私たちです。それでも、髪が薄くなってしまうことは、ぜひとも避けたいですよね。

 

こめかみ薄毛の対処方法

こめかみ部分のみのヘアケアというものは特にあるわけではありませんが、悪い影響を及ぼしていることがらへの対処はいていきたいですね。

 

まずは、ポニーテールなど、髪をキュッと縛るようなヘアスタイルを長時間、さらに長期間続けないこと。

常にピンをこめかみ付近にさして、まとめている場合も、時には髪におやすみを与えてください。

緊張するヘアスタイルは、家に帰ったらすぐほどいて、髪をねぎらってあげること。

 

眼精疲労に注意します。目の酷使を避けて、目に合ったメガネを使います。

 

歯の噛み合わせが悪いという場合、理想は歯の噛み合わせを歯医者さんで、矯正してもらうことでしょうが、ちょっと、そこまでは、と考えていらっしゃる方々がほとんどでしょう。

なぜなら、歯の噛み合わせがピッタリだとは、思っていないけど、今まで特に不都合や、特に辛い思いもしていないので、薄毛対策に歯医者へ赴くというのは少し抵抗があるでしょう。

 

 

そこで、緊張している口回りの筋肉を緩める方法をご紹介しましょう。

 

まず、仰向けに寝て、割り箸を1本(割った割り箸のどちらか1本です)を唇の上に置きます。

その時に、歯で噛まないで、のせるだけです、そのままゆっくりすると、口回りの緊張がとけていくのが解ります。

リラックス感を全身に行き渡らせるように、全身の力を抜いて、そのまま10分から30分、ゆっくりします。

 

筋肉は、緊張を解くことで、元の状態に戻ろうとしますので、焦らず、ゆっくりすることに専念することが重要です。

 

体がリラックスして、全身の緊張がとけていくのを感じます。この動作を1日、1回続けてください。

 

それでも、結果が思わしくないという場合は、矯正歯医者さんへご相談ください。

 

普段からのヘアケア

髪のことですから、普段のシャンプーやヘアケアも、もちろん重要になります。

 

頭皮の清潔を保ち、程よい弾力を維持できるように、日々の普通のお手入れもかかせまん。

30代の女性の頭皮のケア方法ってどうすればいいの?
  頭皮環境を良くするために必要な、ヘアケア方法を紹介していきます。 頭皮のトラブルでお悩みの、30…

ホルモンバランスに気を付けて

特に女性の薄毛の場合には、ホルモンバランスが崩れることで引き起こされる場合が多く、冷え性、更年期なども原因になります。

 

無理なダイエット、不規則な食事、偏食をやめ、体を温める努力、適度な運動、ストレスのない生活を心がけることは、薄毛の心配がなかったとしても、重要なことがらです。

 

また、女性は、薄毛に対し、男性よりも無防備なことが多いです。もしかしたら、という危機感が男性に比べてはるかに低いのです。

ですから、普段気づかない場所に薄毛を発見すると、ショックを受けてしまうかも知れません。

ですが、ヘアケアなら、いつもしている方がほとんどですから、それを自分に合った正しい方法に直せば、楽にクリアできるはずです。

 

髪に問題が生じたら、普段の生活環境を見直してみる必要があります。

薄毛は、知らない間に進行していたりするものです。気が付いた時には、急に毛が減ったように感じるかも知れませんが、実は長年の生活状況が影響していた、ということもあります。

 

原因が、長年の積み重ねのためであったら、対策もそれなりの時間が必要になる場合もあります。

でも大丈夫です。女性の抜け毛は、男性の場合とは違い、抜けてしまったら、もう終わり。終わりにならなくとも、ん~~~、という訳ではなく、ケアさえ充分なら、すぐ元のようになります。

 

薄毛、抜け毛は、健康的な生活に方向転換する、良い機会かもしれません。

直接、薄毛部分に対処するより先に、全身を見つめ、関連箇所の緊張をほどくことが意外や、早道の場合もあるようです。

 

最新情報

髪を太く成長!
髪の抜け毛を抑えてくれる!
ガチで効きます
 薄毛 育毛剤
ハリとコシ改善!
頭皮環境を改善する!