30代女性で2年ほど前から、頭頂部が薄毛になってます。ストレスも出産も無いですどうすればよいでしょうか?

30代の方でストレスも特になく、出産も経験されてないのに、2年前くらいから薄毛になってきたという相談ですね。

この相談について、(FAGA)女性男性型脱毛症、びまん性脱毛症の可能性があるようですので、考えうる原因と対策をまとめてみました。

同じ悩みを抱えている女性の方も一度お読みいただければ幸いです。

 

30代 女性 頭頂部 薄毛

画像引用:https://matome.naver.jp/odai/2137626627985316701

 

質問内容から見る質問者の情報

  • 30代女性
  • 出産の経験は無い
  • 特にストレスも無い

 

との事です。

ただ、この情報だけだと、判断しにくいので、仮に可能性を視野にいれて、現状に対する原因を探っていきたいと思います。

 

なんらかの原因などで、FAGA・びまん性脱毛症を発症している可能性

人は20歳を超えてから基本的には老化が進みます。

そして女性の場合は、女性ホルモンが減少して行きます。

また食事制限などを行っていると、生命維持に遠い髪の毛という弱い所に症状が出てきます。

全体的に髪の本数が減って特に頭頂部の薄毛が目立ちやすいのがびまん性脱毛症です。

 

FAGA・びまん性脱毛症になる原因の1つホルモンバランスの変化による可能性

先程女性ホルモンが減少するという事を書きましたが、

 

女性ホルモンに含まれているエストロゲンという女性ホルモンには、髪の発育をサポートする働きがあります。

 

その為、髪の毛の太さに影響があります。

 

この女性ホルモンが歳をとる毎に減少していく事で、髪のコシが無くなったり、全体的にボリュームがなくなっているように見えたりします。

 

食事から女性ホルモンの代用をしてくれるイソフラボンという成分をとったり、サプリメントでイソフラボンを摂取する事や、カルシウムをたくさん摂取しましょう。

 

それらは、女性ホルモンの働きを助けてくれます。

 

FAGA・びまん性脱毛症になる原因の1つ食生活・生活習慣が乱れている可能性

ダイエットや体型維持をするために、極端な食事制限を行っていないかどうか?

 

またダイエットと言わず、偏った食事を取っていると、身体全体が栄養不足になります。

 

すると、生命の維持から遠い髪の毛に関しては代謝が後回しにされます。

 

もしくは、肥満気味で脂性や、糖質が多い食事を摂ることでの、皮脂の過剰分泌によって血液の循環が悪くなったり。

 

頭皮の環境が髪に発育に悪い状態となっていて、その状態でヘアサイクルが繰り返されいつの間にか髪がやせ細って目立つ頭頂部が薄くなります。

 

 

以上の事から、加齢や更年期がキッカケだったり、食生活・生活習慣などがキッカケだっりその両方だったりする場合があります。
年をとる事は抗えませんが、頭皮のケアをする事で、髪の毛が細くならないように抗うことはできます。

女性が頭皮のケアをする為の事を書いていますのでこちらもお読みください。

 

30代の女性の頭皮のケア方法ってどうすればいいの?
  頭皮環境を良くするために必要な、ヘアケア方法を紹介していきます。 頭皮のトラブルでお悩みの、30…

最新情報

髪を太く成長!
髪の抜け毛を抑えてくれる!
ガチで効きます
 薄毛 育毛剤
ハリとコシ改善!
頭皮環境を改善する!