男性でてっぺんハゲの原因はなんなのか?治し方はどうすればいいのかを解説

てっぺんハゲは、頭頂部の髪が薄くなる事を、違う言い方で言われる言い方ですが、てっぺんハゲになってしまう人はどういう人なのか?

 

そして、何が原因なのか?それは改善できるのか対処できるのか?何をすればいいのか?

 

年代や性別、生活環境など、てっぺんハゲになる方も様々です。

 

ですが、共通している対策すべき事はちゃんとあります。それをちゃんとまとめていればてっぺんハゲ治す事も可能です。

 

男性の場合での大きな原因を2つ上げます。

 

てっぺんハゲになる原因その①ハゲになる男性ホルモンの存在!

 

AGAという言葉はご存知でしょうか?

 

正式には男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)といいます。

 

AGAは、Androgenetic Alopecia 太字にした所をとって呼ばれているようです。

 

そのAGA男性型脱毛症)にはハゲになる男性ホルモンが関わっています。

 

ハゲになる男性ホルモンとはなんでしょうか?

男性ホルモンには、テストステロンというのがあります。

 

このテストステロンというのは、男性にとって、精神や、身体を強く維持させようとする働きがあって必要な男性ホルモンです。

 

ですが、このテストステロンという男性ホルモンが、5α-還元酵素という酵素と一緒になることで、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが作られます。

 

このジヒドロテストステロンも、女性が男の子を妊娠中に子供の成長に必要男性ホルモンなんですが、それを、成人男性がたくさん作ってしまうと、

 

髪の毛の成長を止めようと働いてしまって結果ハゲになってしまいます。

 

わかりやすく、ざっくり言えば

 

ハゲになるホルモン=ジヒドロテストステロン

と言えます。

 

このジヒドロテストステロンという男性ホルモンを作らせないことが大事なんです。

 

ジヒドロテストステロンを作らせない為には?

 

ここまでで、原因の1つとして、ジヒドロテストステロンを作らせないという事がわかりました。

 

ですが、このジヒドロテストステロンを作らせないようにするためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

1つ前の項目で、

テストステロンという男性ホルモンが、5α-還元酵素という酵素と一緒になる事でジヒドロテストステロンが作られる。

 

というような事を書きました。

 

これがジヒドロテストステロンが作られる工程になるからです。

 

このジヒドロテストステロンを作らせる工程を邪魔する事でやっかいな悪い男性ホルモンを作らせないことができます。

 

そのためには、医療機関AGAクリニックと呼ばれる所でも処方されている、フィナステリドという成分が入ってい類薬品のプロペシアという医薬品が効果的です。

 

ただし、この医薬品には、副作用があります。

 

プロペシアの副作用ととは?

 

こちらに表にしましたが、症状が起きる可能性は低いとは言え、特に男性器の機能の減退があるようです。

 

発生頻度が1~5%未満の副作用 リビドー減退(1.1%)
発生頻度が1%未満の副作用 勃起機能不全(0.7%)
射精障害(0.4%)
精液量減少(0.4%)
下痢(0.4%)
胃不快感(0.4%)
鼓腸(0.4%)
高脂血症(0.4%)
熱感(0.4%)
発生頻度が不明の副作用 【重大な副作用】 肝機能障害
【過敏症】 瘙痒症
蕁麻疹
発疹
血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
【生殖器】 睾丸痛
男性不妊症
精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)
【肝臓】 AST(GOT)上昇
ALT(GPT)上昇
γ-GTP上昇
【その他】 乳房圧痛
乳房肥大
抑うつ症状
めまい

 

プロペシアはどこで買えて、いくらくらい掛かるの?

 

プロペシアに関しては国内では、基本的には、専門の医療機関に受診してからでないと処方してもらえません。

 

ですが、お住いの近くに専門医療機関が無い場合もあります。

 

また、おおよそですが、プロペシアを購入する際には約1ヶ月分として4000円前後かかります。

 

診療費は別で掛かるので、安くても月に総額1万円を超える費用がおおよそかかると考えていただいていいです。

 

 

プロペシアをもっと安く買うことはできるの?

 

できます。

 

プロペシアは自己責任における個人輸入で購入が可能です。

 

男性の、てっぺんハゲは特にAGAと診断されやすい症状でもあるので、ほとんどのAGAクリニックでも、基本は、初期診療した上で、頭皮のケア、そしてプロペシアの処方となります。

 

その為、AGAには通わず、プロペシアを個人輸入して服用している方もいます。

 

プロペシアを服用すると、抜けるという事に関してはかなり抑えられます。

 

ですがそれだけでは、てっぺんハゲは改善されません。

 

 

 

てっぺんハゲになる原因その②

 

てっぺんハゲになる原因その②についてですが、これは、血流不足です。

 

髪が抜ける原因は、ジヒドロテストステロンでした。

 

では髪が成長するために大事なのは、髪の成長に大事な栄養をたくさん送る事です。

 

栄養をたくさん送るためにはそれだけたくさんの栄養を送る血液の流れが必要となります。

 

なので、血液の流れが悪いと、髪に栄養が送る量が減るので、髪が成長できたはずなのに、髪が細く短い。

 

という事になってしまうんです。

そのために、髪の成長に特化した育毛剤などを使用するのはとても効果出来です。

 

オススメはこちらの育毛剤がおすすめです。

 

爆毛根ローション(BAKUMOUKON)は、アメリカのDSヘルスケアー社により発売された育毛剤です。

 

爆毛根(BAKUMOUKON)の特徴は、デュタステリドを含む最新の育毛成分が配合されていることです。

 

最先端技術のリポスフィアテクノロジーが活用されたことです。

 

さらに、男性向けの育毛成分として効果的な、育毛成分ミノキシジルが配合されています。

 

ミノキシジルは厚生労働省が認可した育毛成分です)

 

こちらは、2本入りなので、約2ヶ月分として使えます。

 

爆毛根ローション(BAKUMOUKON)ミノキシジル5%の購入はこちら

 

 

最新情報

髪を太く成長!
髪の抜け毛を抑えてくれる!
ガチで効きます
 薄毛 育毛剤
ハリとコシ改善!
頭皮環境を改善する!

ツイッター