薄毛の大きな原因になるAGA(男性型脱毛症)の正体を知ろう

薄毛になる方で多くの方が該当するAGAと呼ばれる症状について、解説しました。

何が原因で、なぜ、薄毛になるのか?また、進行するのか?進行を止める事は可能なのか?薄毛に悩む方のこれらの事をまとめて紹介します。

 

 

そもそもAGAってなに?普通の薄毛とは違うの?

AGA(エージーエー)というのは、日本語では「男性型脱毛症」の事を指し、正式な名称である、Androgenetic Alopecia を略してAGAと呼ばれています。

 

二十歳以上の成人した男の人に多くみられる髪が薄くなる状態のことをいいます。

 

思春期以降に額の生え際や頭頂部のどちらかの髪が薄くなっていくという症状か、または両方共薄くなっていきます。

 

そして少しづつ抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。

 

実際にAGAや薄毛になりかけている人や、すでになっている方の苦悩はかなりのものがあると考えられます。

 

方っておいたらAGAは進行するの?

AGA(エージーエー)の人は全国で1,260万人くらいいると言われています。

 

そのうち気にかけている人は少なくとも、800万人はいると言われています。

 

何らかの対策や対応を行ったことのある人は650万人と言いわれています。

 

残念ながらAGA(エージーエー)は進行して症状は基本的には悪化します

 

AGAになって何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていき、5年後にはかなりの本数が減ってしまいます。
AGA進行 薄毛進行 グラフA 5年後

 

AGAの進行パターン

AGA(エージーエー)の特徴として上げるには、脱毛の進行パターンがある事が言えます。

  • 額の生え際から薄く後退していくタイプ
  • 頭頂部から薄くなるタイプ
  • これらの混合タイプ

 

などさまざまな脱毛の進行パターンがあります。

頭頂部中心の症状・生え際から始まる症状・前頂部からと大きく分けて3つが代表的な症状です。

 

AGAが発症してしまう根本の原因成分がジヒドロテストステロン

AGA(エージーエー)の脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。

 

ジヒドロテストステロンが髪の成長期を短くして、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。

 

十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。

(逆に言えばこれさえ逆のサイクルにできれば薄毛は治るとも言えるでしょう)

 

またジヒドロテストステロンDHTは男性ホルモンテストステロンと5αリダクターゼ-還元酵素という酵素が結びつく事によって生成されてしまいます。

男性ホルモンが多い=薄毛になる

という誤解が生まれてしまったのも、男性ホルモンが直接的ではないにしろ関係はしている為とも言えます。

 

 

AGA(男性型脱毛症)の正体のまとめ

AGA(エージーエー)はスピードの早い遅いは、個人差がありますが、抜け毛・うす毛の進行はほぼ進んでしまいます。

前述していますが、AGA(エージーエー)は毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまって薄毛という症状として目に見えてしまう事なので、それを逆にする事で治療対処は可能なのです。

 

また、毛根そのもの(毛母細胞)が残ってさえ入れば、産毛程度の髪も、十分に太く長くふさふさにする事も可能なのです。

 

方法としては、

 

AGAを抑える。

そして髪の成長を助ける!

 

この2つのポイントを抑えるだけで症状は確実に軽くなる、または改善するなど、そのままにしておくと進行してしまうのを食い止める事可能性は高いのです。

 

AGAによる髪の抜け毛に関してはこちらの記事をオススメします。

抜け毛を抑えて薄毛の進行を抑えるプロペシアの効果とは?
プロペシアは、飲み薬タイプの男性型脱毛症(AGA)や若ハゲ薄毛等の治療薬として取り扱われてい医薬品です。 &n&

髪の成長を促すならこの育毛剤がオススメです。

30代の薄毛に効果的な育毛剤FINJIA(フィンジア)の紹介返金保証あり
当サイトがオススメする、髪の成長にポイントをおいた育毛剤を紹介致します。 抜け毛への対処と育毛という対処のうち&

 

 

最新情報

髪を太く成長!
髪の抜け毛を抑えてくれる!
ガチで効きます
 薄毛 育毛剤
ハリとコシ改善!
頭皮環境を改善する!

ツイッター