男性ホルモン(テストステロン)の効果と役割とは?

薄毛に関して男性ホルモンは直接的な原因ではありませんが、薄毛になる症状のAGAを引き起こす材料の一部には残念ながらなってしまいます。

その男性ホルモンが本来どのような理由で存在しどのような役割を持っているのか、男性ホルモン=薄毛というイメージが間違っているという事も含めてまとめてみました。

テストステロン 男性ホルモン AGA 薄毛 

 

男性ホルモンがもつ大きな役割

 

テストステロンは男性ホルモンの大部分を占める、男性の体や心の状態を健やかにしたり元気にしたりモチベーションなどに左右される要素です。

 

精神面だけではなく、ヒゲ・太い体つき、太い骨格、といった男性らしく強くたくましい身体をつくり、筋肉の増加や男性性器の発育と機能の維持や性欲を高める作用があります。

 

テストステロン(男性ホルモン)は精神の活動的な原動力として代表的なのは、「幸福感」や「やる気」の元のドーパミンを作る役割も持っています。

 

血管の状態を正常に保つ一酸化窒素(NO)を産生する働きも担っている大事な要素です。

 

 

男性の自信や自尊心などにに不可欠な男性ホルモン
(テストステロン)

 

一般的に知られているように、生殖機能に直結するホルモンなだけに、この分泌が減ることで精力減退や勃起機能の低下を招き、放置しておくとEDになる恐れもあります。

 

また、一方でこのテストステロンと5α-還元酵素が結びついてジヒドロテストステロンという薄毛を促進させるものに変わるという面もあります。

 

 

テストステロンは健全な心の伴走車

精神活動や老化を司る細胞小器官であるミトコンドリアの健康を保つ作用がテストステロン(男性ホルモン)にはあります。

 

イライラを抑える効果もあります。

テストステロン(男性ホルモン)がしっかり足りている人は、イライラしにくく、不眠に悩まされることも少ないです。

 

うつ病を抑制する効果もあります。

ネガティブな感情を抑制する効果があり、不安感にさいなまれたり、鬱になるのを防ごうとする効果もあります。

 

 

テストステロンは誰にでもあるホルモンなの?

教えて

テストステロンは基本的にすべての人間に分泌されるホルモンです。

 

男性ホルモンですが、男性だけでなく女性にも分泌されています。

 

よく「男っぽい女性」「男勝りの女性」と呼ばれるような女性がいますが、テストステロンが多く分泌されていることが考えられます。

 

ただし、分泌量は圧倒的に男性の方が多くなります。男性の場合は精巣から大半が分泌されるので、性欲や生殖器に直接的な影響を及ぼします。

 

 

 

最新情報

髪を太く成長!
髪の抜け毛を抑えてくれる!
ガチで効きます
 薄毛 育毛剤
ハリとコシ改善!
頭皮環境を改善する!

ツイッター