男性型の薄毛を誘発させる成分DHT(ジヒドロテストステロン)とは一体何なのか?

よくよく薄毛の事を調べていくと、DHT(ジヒドロテストステロン)という名前がでてきます。この成分(ホルモン)がどのように薄毛に関係していて、どのようにすれば対処できるのか?
30代の男性がどのようにすれば改善できるのか?をまとめてみました。

 

DTH 薄毛 ジヒドロテストステロン

画像引用:http://fuerza.info/wp-content/uploads/2014/02/basic_subimg01_01.jpg

DHTジヒドロテストステロンとは何?

ジヒドロテストステロン(DHT)についてですが、ジヒドロテストステロン(DHT)は突然発生するわけではありません。

まず前身であるテストステロンというホルモンが関係しています。

 

テストステロンも、ジヒドロテストロンと同じく男性ホルモンの一種です。

 

男性はもちろん、女性にも少量は分泌されています。

 

このテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結びついてテストステロンがジヒドロテストロンへと変わります。

 

そしてジヒドロテストロンには髪の毛が成長する為に元となる細胞(毛母細胞)の働きを低下させて髪の発育を下げてしまうために、薄毛と関係の深いホルモンです。

 

一般的に男性ホルモンが強いと薄毛になると言われていますが、毛髪に対して悪影響を及ぼすのは、テストステロンが5αリダクターゼによって変化したジヒドロテストロンなので、男性ホルモンとひとくくりでは言うのは間違いです。

 

なんでDHTジヒドロテストステロンが作られるの?

ジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンの一種で、実は母親の胎内にいるときに、このジヒドロテストステロンの働きによって男性器が発達して男の子としてうまれます。

 

ジヒドロテストステロンとうホルモンが不足すると、男性の性器が上手く発達、成長できなくなってしまいます

 

成人した男性の場合はすでに身体は出来上がっているのでDHTが作られる理由は役割に関しては現時点ではまだはっきりしていないようです。

 

DHTジヒドロテストステロンを抑える事ってできるの?

酵素5α-リダクターゼの働きによって男性ホルモンである「テストステロン」からジヒドロテストステロンは生成されてしまうのですが、テストステロンそのものは、身体に必要な男性ホルモンです。

 

そこで、テストステロンからジヒドロテストステロンへと変化させる

5αリダクターゼの働きを抑制することでDHTを減らす事ができます。

 

DHTジヒドロテストステロンを減らす方法は? 

DHTジヒドロテストステロンが薄毛になる元だという事がわかりそれを減らす事が抜け毛を減らす事につながるのですが、どのように減らすのかをまとめてみました。

 

方法1. 育毛剤で5αリダクターゼを抑える

5αリダクターゼを抑制する成分す成分が含まれてる育毛剤があります。

また育毛剤血流を促進して育毛効果のある成分も同時に含んでいる場合が多いので、5αリダクターゼを減らして薄毛の進行を食い止めつつ、頭皮環境を整えたり血行をよくすることで育毛を促すことができるのです。

 

方法2. 育毛シャンプーで5αリダクターゼを抑える

育毛シャンプーに含まれていたりする、オウゴンエキスやセンブリエキス、グリチルリチン酸二カリウムなどには5αリダクターゼを抑える働きがあるとされています

このような成分が含まれている育毛シャンプーを使うのも効果的です。

 

方法3. 亜鉛の力で5αリダクターゼを抑える

昔から髪にいいと言われている亜鉛には、DHTを抑制する働きもあります。

またそれだけではなく、亜鉛には、髪の毛の元となるケラチンというタンパク質を生成する働きももっているので、薄毛に悩んでいる方は意識して摂取するようにするといいでしょう

亜鉛は大豆や牡蠣などに多く含まれています。

30代がハゲ薄毛の予防や改善に効果的な食べ物の紹介!
この記事では、30代がハゲたり薄毛にならないようにする為に食べたほうが良い食べ物を紹介しています。 また、今回&
方法4. 有酸素運動でテストステロンの代謝を上げる

有酸素運動とはウォーキングや水泳など、長時間に渡る、少し息が上がる程度の比較的スローな運動のことです。

 

この有酸素運動を行うと、テストステロンはタンパク質と結合する性質があります。

 

タンパク質と結合して使用されたテストステロンはジヒドロテストステロンに変化しません。

 

その為、サイクリングや、ジムへ行ってランニングマシンを使ったりする有酸素運動などが効果的です。

 

方法5. 生活習慣を見直す

DHTはホルモンバランスの乱れることでも増えていきます。

 

ホルモンバランスを整える方法としては、早寝早起きや、緑黄色野菜を含む食事・質の高い睡眠、そしてストレスを溜めないことなどが挙げられます。

 

※DHTジヒドロテストステロンとは違う話ですが、睡眠の時間帯でも髪の成長スピードは変わります。
あわせて読まれてみてください。

正しい睡眠が髪の成長を助けてくれる!夜10時から深夜2時を最大限利用しよう!
髪の成長が睡眠と深い関係にあるのですが、なぜ深い関係があるのか?睡眠がどのように髪の成長にさようするのかを、簡&

もっと効果的に早くDHTジヒドロテストステロンを減したい方 

食生活や運動、生活リズムなどでジヒドロテストステロンの生産を抑えるという考え方はいいのですが、もっと早く効果的に薄毛に対処したい、だからもっと早くなんとかしたいという方もいらっしゃると思います。

 

そういった方はフィナステリドという成分でジヒドロテストステロンの生産を阻害する医薬品を服用するという事があります。

 

服用するにあたって注意点などもありますので、下記ページにて知識を得られてください。

抜け毛を抑えて薄毛の進行を抑えるプロペシアの効果とは?
プロペシアは、飲み薬タイプの男性型脱毛症(AGA)や若ハゲ薄毛等の治療薬として取り扱われてい医薬品です。 &n&

 

 

男性型の薄毛を誘発させる成分DHT(ジヒドロテストステロン)についてのまとめ。

男性型の薄毛はDHT(ジヒドロテストステロン)を作らせないことが大事。

 

  • DHT(ジヒドロテストステロン)を作らせない育毛剤を使用する
  • DHT(ジヒドロテストステロン)を作らせない軽い運動
  • DHT(ジヒドロテストステロン)を抑える頭皮のケアとして育毛シャンプーを使う
  • DHT(ジヒドロテストステロン)を抑える亜鉛を食事から摂る
  • DHT(ジヒドロテストステロン)を作らせない睡眠

 

といった髪が成長するために必要な事を積極的に行い、髪の成長にじゃまになる事をしない事が薄毛にならない、薄毛を改善するための近道です。

 

最新情報

髪を太く成長!
髪の抜け毛を抑えてくれる!
ガチで効きます
 薄毛 育毛剤
ハリとコシ改善!
頭皮環境を改善する!

ツイッター