男性型の抜け毛、薄毛に効く成分フィナステリドとは?

20代や30代、もしくはそれ以上の年代の方も薄毛が気になって調べるとフィナステリドという言葉が出てきてフィナステリドってなんだろうという方向けに、この医薬成分がどのように男性の薄毛や抜け毛に作用するのか?またどういう流れで作られるようになったのかなどをまとめてみました。

 

フィナリステリド 効果 とは

画像引用:https://osakado.cc/img/p/017740_propecia_au.jpg

フィナステリドが作られるキッカケとは?

フィナステリドは、前立腺肥大症や前立腺がんの治療の為に使用されてきた薬ですが、投与していた患者の中に毛髪が濃くなるという意図しない薬効が現れた事により、毛髪環境の改善に効果的であるということがわかりました。

これがきっかけで研究が進み、 AGAによる脱毛への有効性が明らかになったのです。
1998年に販売されてからは、世界60か国以上で使用され、日本でも医薬品としてとして厚生労働省から正式に認可に至り、2005年末に万有製薬より発売されています。

そもそも、AGA男性型脱毛症)って何?

毛髪が本来のヘアサイクルよりも早く脱毛してしまう状態のことで、通常3年~6年だったヘアサイクルが数ヶ月から1年という短い期間で抜けてしまう症状です。

毛そのものも次第に細くなり、産毛のような毛がようやっと生えてくる程度になり、最終的に生えなくなってしまいます。

 

20代30代で症状が現れる場合を「若年性脱毛症」と呼ぶ

30代40代で症状が現れる場合は、「壮年性脱毛症」と言い、これらを総称した呼び名が、AGA(AndroGenetic Alopecia:男性型脱毛症)なのですが、男性ホルモンとの関わりがある男性特注の症状です。

 

原因の多くは、男性ホルモンテストステロン」が変化してできたDHT(ジヒドロテストステロン)によるもので、 DHTの生産に5αリダクターゼが関与しています。つまり、テストステロンと5αリダクターゼが関わりを持つことでDHTが作り出されるのです。

この症状に対して、フィナステリドの働きによりテストステロンと5αリダクターゼの結合を防止することができ、結果として、 DHTの生産の抑制に繋がります。
こうして、 AGAを予防できるというメカニズムです。

 

このフィナステリド含む飲み薬がプロペシア

効果的に抜け毛を抑えてくれる。
言い方を変えれば、抜け毛になろうとする流れを抑えてくれる薬で有名なのはプロペシアと呼ばれる医薬品です。

 

興味がある方はこちらで紹介しています。
注意点などもありますのでよくご覧頂いた上で使用されるかどうかも含めてお考えください。

抜け毛を抑えて薄毛の進行を抑えるプロペシアの効果とは?
プロペシアは、飲み薬タイプの男性型脱毛症(AGA)や若ハゲ薄毛等の治療薬として取り扱われてい医薬品です。 &n&

最新情報

髪を太く成長!
髪の抜け毛を抑えてくれる!
ガチで効きます
 薄毛 育毛剤
ハリとコシ改善!
頭皮環境を改善する!

ツイッター