大事な2つの要点を理解して30代以降薄毛を防ぐ!これを知らないと何をしていいかわからなくなります

若ハゲの予防(AGA)や壮年期のの薄毛の対策も含めて、

薄毛については大事な要点が2つあるので、それを理解する必要があります。

 

 

これがわからないと闇雲にあれが良さそう、これが良さそうと目移りして結局薄毛を予防できずに20代30代を過ごす事にもなりかねません。
また壮年期の方にも同じことが言えます。

このページでは目移りしたり迷ったりしないよう2つの大事な要点について解説しています。

 

薄毛を予防改善する為に大事な要点とは何か?

 

 

①抜け毛を少なくする。

 

 

②髪の成長を促す。
この2つになります。
(※もしくはその両方)

 

 

えっ・・って思った方もいらっしゃると思います。
そんな事は言われなくてもわかると言いたいのもわかります。
そして、すでにいろんな知識を持っていてそんな当たり前の事は知っているという方もいらっしゃるでしょう。

 

なぜこんな事をあえて言うのか?

それは、理由があります。
ネット上に出ている情報が、難しい説明が並んでいてイマイチ自分には何がいいのかがわからないと思いませんか?

それでも、薄毛や若ハゲの予防で悩んでいる人はわらをも掴む気持ちで行動するんです。

 

なんかわかんないけど、コレがいいみたいから試してみよう。
意味はわからないけど、レビューがあるからいいのかも?

 

そういう薄毛難民のみたいな方も少なからずいらっしゃいます。
あまりにも情報が多くて悩んでいる方を置いてけぼりになっているんですね。

 

 

よく聞く単語や対策は上記要点2つの枝葉にすぎない。

例えば調べるとでてくる言葉

 

こういう言葉や単語がちょっと薄毛の事を調べるだけで出てきます。

他にももっとたくさん薄毛を改善する為の言葉や単語がでてきますが、
これらは全て、

抜け毛を少なくする事と、髪の成長を促す事

(中には両方に作用する場合も)に分類されます。

 

何度も言います。
この2つを理解していないと間違った対処で失敗してしまう可能性があります。

 

 

①抜け毛を少なくする。

 

②髪の成長を促す。
(※もしくはその両方)

 

 

先程上げた例の言葉を①と②で分類してみます。

①抜け毛を少なくする。②髪の成長を促す。

(※もしくはその両方)に分類してみます。

 

 

 

①抜け毛を少なくする。に分類される言葉

 

男性ホルモンについては、
ある事で髪が抜ける原因の物質を作ってしまう

 

プロペシアの効果については、
髪が抜ける原因物質が作られるのを抑えてくれる

 

DHT(ジヒドロテストステロン)については、
この成分そのものが髪が抜ける原因物質

 

5α-還元酵素」については、
髪が抜ける働きをもつDHT(ジヒドロテストステロン)が作る事を促進する成分

 

②髪の成長を促す。に分類される言葉

 

ミノキシジルの含有率については、
頭皮の血行を促進して、髪の毛が強く太く伸びる補助をしてくれる。

 

リアップについては、
頭皮の血行を促進してくれるミノキシジル入っている国産メーカーのが発毛と、うたわれている髪の成長を助けてくれる医薬品。

 

というふうに分類されます。

 

 

 

あなたが、若ハゲや壮年期の薄毛などで悩んでいて何をどうしたら良いのか?
に迷った時は、一度、

 

①抜け毛を少なくする。

 

②髪の成長を促す。

 

のどちらかを意識すると、具体的に何をすべきか?というのがわかってくると思います。

 

医薬品や育毛剤も、①と②のどちらに分類されるのか?

(もしくは①と②の複合なのか)

 

症状に合わせて分類としてはどちらの傾向のものを使えば良いのかが見えてきます。

 

大事な要点の2つを理解した上で、抜け毛が発生するタイミング、髪が成長するタイミングについて、詳しく下記のページでまとめてみました。

ヘアサイクルの事がわかれば漠然とした薄毛への恐怖や悩みを軽減できます。

 

薄毛若ハゲの原因になるヘアサイクルのメカニズム紹介!

髪が生え変わる成長/退行/休止(ヘアサイクル)と薄毛の関係について
髪には1本1本に髪が生えて、成長して、成長が止まり、抜け落ちる流れがありこれを「ヘアサイクル」と呼びます。 そ&
30代の髪を太く成長!
髪の抜け毛を抑えてくれる!
フィンジア 薄毛 育毛剤


最新情報